EVは環境に良い? エンジン改良こそ現実的

【共同】環境に優しい次世代車として電気自動車(EV)が台頭、世界のメーカーがEVにかじを切る中、マツダはエンジン車の環境性能を向上させる戦略で勝負する構えだ。EV一辺倒の風潮にもの申す同社のエンジン開発責任者、人見光夫常務執行役員に聞いた。 ――英国とフランスが…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地に住み始めてから購…(11/21)

農業用ドローン販売、独バイエルと中国メーカー(11/21)

ビンF、電動スクーター発売 二輪各社の脅威になる可能性も(11/21)

パナ、高齢化やITに注力へ 現地代理店と事業の多角化推進(11/21)

本田「監督」が初勝利、ラオスに3ー1(11/21)

日本食品のネット販売促進 ジェトロ、ECサイトに初出店(11/21)

韓国免税店で日系コスメ堅調 中国客など、スキンケア需要拡大(11/21)

米国チョコ製造大手を買収、不二製油(11/21)

【この人に聞く】AAB、日本のイベント提供 当地の日系企業にも積極展開(11/21)

千葉県知事、HCM市に介護人材で協力要請(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン