• 印刷する

テイクオフ:サッカーW杯ロシア大会…

サッカーW杯ロシア大会で決勝トーナメントに向けた戦いが激しくなる中、韓国は窮地に立たされている。

普段はサッカーへの関心は高くない韓国国民だが、W杯になると一気に熱狂する。思い出されるのは18年前、自国開催だった2002年の日韓大会での応援の様子だろう。ソウル市庁舎前の広場を埋め尽くす、真っ赤な応援団は「赤い悪魔」と呼ばれ、韓国サッカーの象徴となった。

今大会も変わらず、ソウル市内で大規模なパブリックビューイングが開催されている。第2戦が行われた23日には、光化門広場に数万人のサポーターが詰めかけ、選手たちにエールを送った。その姿は18年が経っても変わっていない。

試合は負けてしまったが、わずかに決勝トーナメント進出への望みは残る。「韓国人は最後まで諦めない」。選手同様、サポーターの闘志の炎も消えていない。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン電子、中国天津でのスマホ生産停止(12:07)

テイクオフ:ここで写真を撮らないで…(12/13)

現代自、燃料電池事業に拍車 7千億円超を投資、世界トップ狙う(12/13)

大型SUV「パリセード」発売、現代自(12/13)

短期カーリース、19年から大企業に制約(12/13)

チュオンハイ、起亜「セラト」の新型発売(12/13)

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(12/13)

韓国SKマジック、浄水器レンタルに参入(12/13)

11月失業率3.2%、前年同月比0.1P悪化(12/13)

韓国CEO7割、「景気は長期型不況」(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン