食肉価格上昇の恐れ、国産飼料の供給不足で

フィリピンで家畜・家きんの飼料である穀物の価格が高まっている影響を受け、食肉価格が上昇する恐れがある。国産のトウモロコシや小麦の供給が不足しているためで、飼料を海外から輸入する業者も増えているという。地元紙インクワイラーなどが伝えた。 トウモロコシ栽培業者の団…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

海外出稼ぎからの送金、投資する世帯が拡大(16:53)

関税局、密輸防止で沿岸警備隊や軍と協力へ(16:54)

首都圏のBRT2路線、運輸省が棚上げ方針(16:54)

物流J&T、年内にタイと比進出を計画(16:54)

テイクオフ:自動車のことなら任せろ…(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

日野の近代化ジプニーが発進 2組合に納車、受注400台以上(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

現代自の1~6月販売、8%減の1.6万台(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン