• 印刷する

テイクオフ:先日、地元法曹界の重鎮…

先日、地元法曹界の重鎮として活躍してきた方と会食の機会を得た。御年86歳の今でもかくしゃくとされている。「ダトゥ(マレーシアの名士の称号)のご長寿の秘密は何でしょうか」と尋ねると、にやりと笑ってこんなエピソードを披露してくれた。

ダトゥが飛行機のファーストクラスを利用した時のこと。たまたま隣席がマハティール首相だったという。御大は当時既に80代を迎えていたといい、好奇心に駆られて「皆はあなたが若返りのために中国からサルの肝を取り寄せているなどと言うが、実際のところ、ご長寿の秘密は何でしょうか」と尋ねたという。すると御大は一笑に付し、「サルの肝など食べてはいないよ。それはね、パワーだよ」と答えた――。

確かに、国の頂点に返り咲いてからの首相は、さらに若く生き生きとして見える。権力は人を若々しくさせる。一つ学びを得た。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

初任給希望額は2千リンギ カザナ、若者の就労意識調査(12/14)

RM=27.1円、$=4.18RM(13日)(12/14)

プロトン「X70」、価格は9.9万リンギから(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

プロドゥアの社長退任、後任はザイナル氏(12/14)

ベルマツオート、第2四半期は2.9倍増益(12/14)

アラム・マリティム、潜水作業を受注(12/14)

サイパーク、クダ州などの太陽光発電所受注(12/14)

建設プロタスコ、SUKE建設の受注解約(12/14)

不動産開発エコワールド、通期は21%減益(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン