小売企業の3割、「2年で新技術導入」

大手会計事務所KPMGなどが行った調査によると、香港小売企業の3分の1は「向こう2年内にチャットボットなどのテクノロジーを導入する計画」と答えた。顧客サービスの向上やオンラインと実店舗の融合を図る狙い。香港経済日報が伝えた。

香港の小売企業は新技術に積極的な姿勢を示していることも分かった。対象の2割は「昨年の新技術への投資額が年間売上高の5%以上」と回答。6割は「向こう2年に新技術への投資額を同5%以上に増やす」と答えた。

調査は世界28カ国・地域の小売企業幹部530人に行った。KPMGの幹部は、「科学技術は小売業界の発展を促す重要な原動力になる。ビッグデータ解析や人工知能(AI)などを活用すれば、業務やサプライチェーンの改善につながる」と指摘した。

中国本土企業の過半数は「市場競争力を高めるため、データ収集や解析を通じて消費者の需要や購入動機を把握する必要がある」と考えていた。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: IT・通信商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

5月の民間住宅着工、15%増の2422戸(07/20)

新商品投入、香港市場の鍵に 一田百貨・黄CEOインタビュー(07/20)

宝飾の六福、4~6月は既存店22%増収(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

初の石川県物産商談会、47社・団体が出展(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

米の対中関税、香港企業に4点の自衛策(07/20)

工貿署、中小企業支援策を8月からに前倒し(07/20)

香港グローリーフレーム、子会社2社設立(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン