経済協力インフラ合同委、東京で第5回開催

日本とフィリピン両国政府は20日、東京で経済協力インフラ合同委員会の第5回会合を開催した。3月に最大1,045億3,000万円の円借款契約を締結済みのマニラ首都圏の地下鉄事業や、MRT(高架鉄道)3号線の修復といったインフラ整備などについて議論した。 会合には、日本側から…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都圏コンド、最高値は平米当たり116万円(13:32)

輸入セメントに追加関税も、ベトナムは反発(12:29)

テイクオフ:カンヌ国際映画祭(5月…(05/23)

国保財源が1千億円超不足 たばこ追加増税を議会に要求(05/23)

米中摩擦を企業誘致の機会に、FEFが要請(05/23)

インフラ3件の計画変更を承認、NEDA(05/23)

DMCI、鉄道事業向けの建機調達に42億円(05/23)

ING銀が個人向け参入、アプリでサービス(05/23)

22日為替:$1=52.530ペソ(↓)(05/23)

首都圏水不足、マイニラッドにも課徴金か(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン