米輸入制限を名指し批判、18年版貿易報告書

【共同】経済産業省は18日、2018年版の不公正貿易報告書を発表した。鉄鋼・アルミニウムの輸入制限をはじめ、保護主義的な通商政策を強めるトランプ米政権を名指しで批判。「対抗措置の応酬を通じて負の影響がグローバルに拡散しかねない」と懸念を示した。日本は世界貿易機関(W…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

一帯一路にどう向き合うか、学術団体がシンポ(12/18)

テイクオフ:7日からジャカルタで開…(12/18)

JA青森、リンゴ販売本格化 台湾・香港に続く第3の市場に(12/18)

ドラッグストアの競争激化 化粧品市場(上)2大巨頭に挑む日系(12/18)

ヤンゴン―ピー線の改修工事、年初に入札へ(12/18)

日産、新型SUV「テラ」を発売(12/18)

日産に臨時株主総会要求、ルノー(12/18)

【この人に聞く】海外初の保育園事業に挑む ヒューマンHD、0歳児から(12/18)

【改革開放40年】(3)巨大市場へ 所得急増、解き放たれた消費力(12/18)

パナソニック、新竹に半導体材料のR&D拠点(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン