ティラワで新区画の販売開始 7月から、さらに拡張も視野

ミャンマー最大都市ヤンゴン近郊で日本が支援するティラワ経済特区(SEZ)は7月から、ゾーンBの第2期区画77ヘクタール(約77万平方メートル)の企業誘致、販促を開始する。19年8月に開業する予定。ゾーンAは9割以上が販売済み、今年8月に開業を予定するゾーンB第1期の…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外国投資が前年比で6割減 4~9月、製造業は増加傾向(10/18)

タンリン工科大で初の就職フェア、日本支援(10/18)

ロヒンギャに人身売買被害、99人を救出(10/18)

和平特別会合が閉幕、重要課題は継続協議(10/18)

燃油輸入販売、規制緩和も外資参入はまだ(10/18)

正ワイ、ヤンゴンに工場建設=米中貿易摩擦で(10/18)

4~9月の鉱物輸出額、5割増の10億米ドル(10/18)

日本と外交ビザの相互免除措置、12月から(10/18)

オランダ、ラカインビーチへの渡航警告解除(10/18)

急進派仏教指導者、ヤンゴンで国軍支持デモ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン