華僑銀、大湾区での利益を5年で2倍へ

シンガポールを本拠とする華僑銀行(OCBC銀行)のサミュエル・チェン最高経営責任者(CEO)は、広東省と香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」エリアでの業務の税引前利益を2023年に10億Sドル(約810億円)に引き上げる目標を明らかにした。現在の5億Sド…

関連国・地域: 中国香港マカオシンガポール
関連業種: IT・通信金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

香港企のAPA買収、豪政府監督機関が審査(18:31)

6月のコンテナ取扱量、5カ月連続マイナス(17:52)

【アジアの果物流通最前線】香港で需要深掘りの流れへ 嗜好把握と自前の輸出先確保が鍵(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

W杯期間中のバー売上高、過去最高に(07/17)

サンフンカイ系モール、W杯商戦で2割増収(07/17)

微信支付、香港・マカオでの利用が7倍に(07/17)

DBS、2年内に本土で合弁証券設立へ(07/17)

小幅続伸、1年ぶりの薄商いに=香港株式(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン