珠江船務、大湾区商機にらみ戦略展開

フェリー事業などを手掛ける珠江船務の黄烈彰董事局主席は、広東省と香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」の商機をつかむため、同エリアの旅客輸送市場を積極的に開拓していく姿勢を明らかにした。19日付香港文匯報が伝えた。 計画では、大湾区内の企業と協力を…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 運輸観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:数週間前から激しいじん…(03/21)

人工島開発に6240億ドル 政府試算、インフラ事業で最高額(03/21)

12~2月の失業率、4業種で改善(03/21)

中銀香港、香港で本土口座の開設が可能に(03/21)

HSBC保険部門、今年2桁台増収へ(03/21)

今年は保険業の底上げに注力、陳財政長官(03/21)

HKEX、18年は企業取締役120人制裁(03/21)

反落、刺激材料に乏しく=香港株式(03/21)

モスが海外初の日本コンセプト店、九龍湾に(03/21)

TVBの通販、コンビニで商品受け取り可に(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン