珠江船務、大湾区商機にらみ戦略展開

フェリー事業などを手掛ける珠江船務の黄烈彰董事局主席は、広東省と香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」の商機をつかむため、同エリアの旅客輸送市場を積極的に開拓していく姿勢を明らかにした。19日付香港文匯報が伝えた。 計画では、大湾区内の企業と協力を…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 運輸観光


その他記事

すべての文頭を開く

TSLが米中貿易摩擦に備え、顧客離れ防止(13:26)

飼料製造PP、風力発電事業の新会社設立(13:23)

パナ、高齢化やITに注力へ 現地代理店と事業の多角化推進(11/21)

世界人材ランク、香港は18位に後退=IMD(11/21)

10月のCPI上昇率2.7%、横ばいに(11/21)

香港でGI山形日本酒商談会、9蔵元がPR(11/21)

Xマス向け「支出増やす」は6割、市民調査(11/21)

中国粉ミルク、豪市場進出で競争激化(11/21)

トイザらス・アジア、来年68店新設へ(11/21)

反落、500ポイント超える下げに=香港株式(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン