• 印刷する

《日系進出》住商が農薬の販社設立

住友商事グループは19日、インドに農薬事業の現地法人を設立したと発表した。3,000億円規模とされるインドの農薬市場で、日系メーカーの商品開発などを現地で支援し、販売拡大を図る。黒字化は2019年を予定する。

4月5日付で西部マハラシュトラ州ムンバイに、住商アグロ・インディアを資本金200万米ドル(約2億2,000万円)で設立した。出資比率は住商アグロインターナショナル(東京都中央区)が99%、住友商事が1%。6人の従業員で5月5日に営業を開始した。

これまで住友商事グループは、日本と欧米の農薬・農業資材メーカーの商品を調達し、インドで販売してきた。同社によるとインドの農薬市場は2016年時点で3,000億円規模。年率7%前後の幅で伸びていることから、販売拡大に向けて現地法人の設立を決めた。今後は従来の輸入販売に加え、インドに進出している日系メーカーの商品も販売する。日系メーカーに対しては、商品開発や戦略の立案なども支援する。

住友商事グループが世界に展開する農薬の販売会社は30社に上る。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(09:51)

新規オフィス入居が活発化 前年比17%増、過去8年で最高に(02/15)

米KKR、南部のオフィス整備に72億ルピー(02/15)

ボルボ、19年後半にPHVの組み立て生産(02/15)

米フォード、プネで相乗りサービスを開始(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

ホイールのマキシオン、タタ乗用車向け受注(02/15)

発動機キルロスカ、設備投資に15億ルピー(02/15)

印独合弁の窓枠大手、テランガナで工場稼働(02/15)

蓄電池アマララジャ、10~12月は2%減益(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン