国内質店数が過去10年で2倍 競争激化、大手3社が半数占める

シンガポールの質店業界では、過去約10年で店舗数が2倍に増えている。若者を中心とした利用層の拡大や、消費者保護に関する法整備が進んだことが追い風となっている。ただ大手3社が市場の約半分を占有する中で競争は激化しており、大手企業による合併・買収(M&A)や業容拡大…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

11月の新規車両登録は5%減 乗用車と商用車が2桁のマイナス(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

ヤマハ発動機、グラブと資本・業務提携(12/14)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(12/14)

9月の失業率2.1%、6月からわずかに上昇(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

消費者信頼感、過去3年で最高水準に(12/14)

ジャンボ、IONオーチャードに6号店開業(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

ごみ処理ブループラネット、インド企業買収(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン