続落、米中貿易摩擦の懸念広まる=香港株式

19日の香港株式市場は大幅続落して終了した。米中間貿易摩擦の激化で、リスク回避の売りが加速。ハンセン指数は4営業日連続の下落で、節目の30000を下抜けた。累計の下げ幅は1634ポイント。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前営業日比…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

人脈広げコンテンツ輸出増へ 総務省がイベント、映像見本市(03/20)

九州など5県、香港フィルマートに出展(03/20)

2月の訪日香港人0.5%増、プラスに転換(03/20)

ローズウッド香港、17日に尖沙咀で開業(03/20)

12~2月の失業率、11期横ばいの2.8%(03/20)

2月の高級オフィス空室率、0.3P上昇(03/20)

不動産仲介に支店増設の動き、市況回復で(03/20)

WeLab、貧困層向けで新興市場を模索(03/20)

小幅続伸、FOMC控え様子見=香港株式(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン