• 印刷する

テイクオフ:覚悟はしていたが、いざ…

覚悟はしていたが、いざ始まると寂しい。サッカーの祭典W杯。台湾では観戦手段が限られているのだ。地上波での放送は決勝トーナメント以降のみ。グループリーグ戦は特定のケーブルテレビしか生中継を配信してくれない。

もともとがサッカー弱国。最新のFIFAランキングは123位で、2年前には191位に落ち込んだこともある。「夏が暑すぎるから」と強がりを言う台湾人もいるが、南国の強国もあるのだから、単にサッカー文化が根付いてないだけだろう。

それでもIT大国、有料のネットテレビがW杯全試合を無料で配信するという。期待してドイツ対メキシコを見ようとしたが、好カードでアクセスが集中しているのか、静止画像の連続に。日本の初戦、対コロンビアも地上波の中継予定はない。ITも親日も頼りにならず、ピッチの外に放り出された感覚。今夜はスポーツバーで、そのままやけ酒か。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:突然の総統選出馬宣言か…(04/23)

3月輸出受注、5カ月連続減 貿易摩擦影響、4月も好転望めず(04/23)

TSMCが3DIC技術開発、21年量産へ(04/23)

18年の自動車燃費、プリウスが3年連続首位(04/23)

勤美集団董事長、「22年に中国5大鋳造業へ」(04/23)

鉄鋼団体、業界の課題に3方向から支援(04/23)

製薬の生達化学、日米中中心に海外展開強化(04/23)

クリーンルームの聖暉、蘇州子会社が中国上場へ(04/23)

不動産仲介店、4年で541店減少=内政部(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン