外国人材、地方に呼び込め 北九州、留学生の地元就職を支援

日本国内の労働人口の減少傾向が続く中、専門知識をもった外国人材の誘致に注目が集まっている。厚生労働省によると、2017年10月末現在、「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で働く外国人は全国で約18万人。ただその半数以上が東京に集中しており、地方で人材を確保するのは難…

関連国・地域: 中国韓国インド日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

飼料製造PP、風力発電事業の新会社設立(13:23)

テイクオフ:当地に住み始めてから購…(11/21)

農業用ドローン販売、独バイエルと中国メーカー(11/21)

ビンF、電動スクーター発売 二輪各社の脅威になる可能性も(11/21)

パナ、高齢化やITに注力へ 現地代理店と事業の多角化推進(11/21)

本田「監督」が初勝利、ラオスに3ー1(11/21)

日本食品のネット販売促進 ジェトロ、ECサイトに初出店(11/21)

韓国免税店で日系コスメ堅調 中国客など、スキンケア需要拡大(11/21)

米国チョコ製造大手を買収、不二製油(11/21)

【この人に聞く】AAB、日本のイベント提供 当地の日系企業にも積極展開(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン