外国人材、地方に呼び込め 北九州、留学生の地元就職を支援

日本国内の労働人口の減少傾向が続く中、専門知識をもった外国人材の誘致に注目が集まっている。厚生労働省によると、2017年10月末現在、「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で働く外国人は全国で約18万人。ただその半数以上が東京に集中しており、地方で人材を確保するのは難…

関連国・地域: 中国韓国インド日本
関連業種: 社会・事件雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールで迷彩服を…(07/23)

伸び堅調、中間層の旅行需要 ヤンゴンで国際観光エキスポ(上)(07/23)

サタパナ銀がジャパンデスク 相談窓口集約、顧客開拓を強化(07/23)

【書籍ランキング】7月5日~7月11日(07/23)

スターフライヤーまず2路線で 北九州と中部から、福岡便は断念(07/23)

経営共創基盤が進出5周年 常駐協業型支援を現地企業にも(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

楽天の民泊事業会社、アゴダと提携(07/23)

ラックランド、イオン2号店の内装施工(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン