金融派生商品の市場活性化へ 地場取引所、インドネ同業と提携

カンボジア・デリバティブ取引所(CDX)は、インドネシアのジャカルタ先物取引所(JFX)と提携して取引所の活性化を目指す。JFXから知見や技術を学び、市場開設から約3年のCDXの下地を整える。今年から始まった債券取引などとの相乗効果も狙い、低迷する金融市場の底…

関連国・地域: カンボジアインドネシア
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

EUが税優遇継続を精査 調査踏まえ、縫製協会は楽観(16:23)

首都空港に新貨物ターミナル、1億ドル投資(16:18)

18年の経済成長率7%、中銀予測(12:52)

南部ストゥンハブの開発進む 中国が発電合弁、港は調査段階(07/17)

プノンペンの車両登録台数、220万台(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

主要国際空港、1~6月の旅客数23%増(07/17)

縫製労働者の技術向上が急務、AMRO指摘(07/17)

タイの不法就労者、1600人が強制送還(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン