タクシー2社が生き残り策 業績悪化続くもデジタル投資拡大

配車アプリに押されて過去数年で業績が急速に悪化しているタクシー大手の「ビナサン」と「マイリン」が生き残りをかけて積極投資に打って出ている。南部中心のビナサンはアプリなどデジタル投資を拡大するほか、2017年は純減した車両台数を今年は反転させる。全国展開するマイリン…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

クアン国家主席が死去 経済への影響は限定的か(09/24)

輸入セメントの緊急制限も 5年で急増、越中泰3カ国で(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

日越大学とANA、包括連携協定を締結(09/24)

大阪王将、群馬工場で比人実習生10人受入れ(09/24)

ロンアン省で3軒目のソーラー発電所建設(09/24)

シャープ、太陽光発電所2カ所の建設受注(09/24)

韓国ポスコ、中部のガス火発に参画意欲(09/24)

ペトロベトナムとペトロリメ、包括提携合意(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン