テイクオフ:インド南部タミルナド州…

インド南部タミルナド州で先月、英ベダンタ・リソーシズの銅製錬所が閉鎖された。環境への影響を懸念する地域住民と治安部隊が衝突。13人が死亡する事態に陥った末に、州政府が閉鎖を命じた。

操業に必要な承認を得ているにもかかわらず、企業が工場閉鎖を余儀なくされたのは初めてではない。韓国の鉄鋼大手ポスコは、地域住民の反対で東部オディシャ(オリッサ州)での工場建設を中止した。タタ・グループのような地場大手企業も、同様の理由で小型車「ナノ」の工場を東部・西ベンガル州から西部グジャラート州に変更している。

こうした状況の一因に、インドが連邦制で、州政府が企業のプロジェクトの命運を決定付ける権限を持っていることがある。中央政府は「メーク・イン・インディア」を掲げて製造業の振興を進めているが、各州で問題を抱える企業への支援は限定されている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソーシャルメディアやメ…(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

住宅供給・販売の回復鮮明に 主要7都市、低価格帯がけん引(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

住宅価格上昇率、1~3月は6.7%に鈍化(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

タタ自、グループ企業の株式売却で協議再開(07/23)

車部品ブレークス、南部工場に10億ルピー(07/23)

ホンダ二輪、「ナビ」の18年モデル発表(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン