• 印刷する

テイクオフ:タイで電気自動車(EV…

タイで電気自動車(EV)業界の人と話していると、環境問題を深刻に考えてEVに活路を見いだし転職してきた人が多かった。ある人は雨期が変則的になり南部のゴム農園で樹液が取りにくくなっていると話す。メコン川の河口の観光地を訪れた時、浸食が進んでいて観光ムードがしぼんだ記憶も新しい。

東南アジアにいると気候変動のニュースは絶えない。だが環境に限らず社会的課題に全ての人が関心を示すとも限らない。それでもEVの場合、携帯式バッテリーは停電時に部屋で使用できるし、スマートフォンとの連動性もあり、車に興味がなくてもガジェットに近い感覚を持てる。

EVを楽しむことが結果的に大気汚染の改善や気候変動対策につながるならそれは救世主的な存在だろう。量産型EVが当地で発売された時に「新しいもの好き」と言われる消費者の反応が見たい。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今週末に近づいているタ…(03/20)

【ポスト軍政】庶民と対話したタクシン首相 ポピュリズムの現場、未完の約束(03/20)

タイ・ミャンマー国境の第2友好橋が開通(03/20)

国営通信CAT、首都の川沿いで観光開発(03/20)

工業団地アマタ、中国企業の移転需要増予測(03/20)

タマサート大、パタヤに高齢者向け複合施設(03/20)

呉竹荘、シラチャーでホテル開業へ(03/20)

タイ正月の旅行者は230万人予測=観光庁(03/20)

タイ国境からキャベツ輸出、1日150トンに(03/20)

2月の訪日タイ人、31%増の10.8万人(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン