• 印刷する

テイクオフ:タイで電気自動車(EV…

タイで電気自動車(EV)業界の人と話していると、環境問題を深刻に考えてEVに活路を見いだし転職してきた人が多かった。ある人は雨期が変則的になり南部のゴム農園で樹液が取りにくくなっていると話す。メコン川の河口の観光地を訪れた時、浸食が進んでいて観光ムードがしぼんだ記憶も新しい。

東南アジアにいると気候変動のニュースは絶えない。だが環境に限らず社会的課題に全ての人が関心を示すとも限らない。それでもEVの場合、携帯式バッテリーは停電時に部屋で使用できるし、スマートフォンとの連動性もあり、車に興味がなくてもガジェットに近い感覚を持てる。

EVを楽しむことが結果的に大気汚染の改善や気候変動対策につながるならそれは救世主的な存在だろう。量産型EVが当地で発売された時に「新しいもの好き」と言われる消費者の反応が見たい。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ人が大学の卒業式に…(09/24)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

8月の輸出7%増、貿易摩擦の影響は限定的(09/24)

輸入セメントの緊急制限も 5年で急増、越中泰3カ国で(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

ニコン、バンコクに体験型ショールーム開設(09/24)

ビューソニック、プロジェクター3製品拡販(09/24)

フォードに賠償命令、集団訴訟で初判決(09/24)

8月の二輪登録台数、6%増の15.7万台(09/24)

物流ワイス、中ASEANの越境輸送を強化(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン