業態転換の力世紀、EV電池回収事業に興味

香港上場で、宝飾品販売から電気自動車(EV)事業へと業態転換を進める力世紀(旧・奥立仕控股、オーラックス)の何敬豊会長はこのほど、EV用バッテリーの回収・リサイクル事業への参入を検討していると明らかにした。合弁での展開を想定しているという。15日付信報などが伝え…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 自動車・二輪車その他製造サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:友人の家には2匹の猫が…(09/24)

高鉄が小売り・飲食にプラス 滞在時間延長で、HKTDC(09/24)

広深港高鉄の香港区間開通、本土へ次々出発(09/24)

中国職員の法執行に抗議、民主派=高鉄巡り(09/24)

燃油付加費徴収の規制撤廃、民航処(09/24)

8月の空港統計、旅客・発着が過去最多更新(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

キャセイ、豪カンタス航空と共同運航(09/24)

香港不動産ESR、プロパティリンク買収か(09/24)

【訃報】秋山努氏(元静岡ガス社長)ほか(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン