• 印刷する

台風ヨランダ被害の市庁舎、日本支援で再建

在フィリピン日本大使館と国際協力機構(JICA)はこのほど、5年前にフィリピンを襲った台風ヨランダの被災地サマール島で、再建したマラバット市行政庁舎の引き渡し式を行った。マラバット市でJICAが被災した施設を支援したのはこれが2件目となる。

計46億円の無償資金協力、「台風ヨランダ災害復旧・復興計画」の一環。台風で被害を受けたマラバット市庁舎の復旧のため、日本政府は公共事業道路省に対し5億700万円の資金を拠出した。庁舎の再建により、避難所機能の強化や行政サービスの向上とともに、災害時の脆弱(ぜいじゃく)性の克服、生活や生産基盤の安定を図る。

台風ヨランダは、2013年11月にフィリピンに上陸。東ビサヤ地方のサマール島とレイテ島を中心に死者6,000人以上、被災家屋100万戸以上と、深刻な被害をもたらした。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:これぞイチオシのフィリ…(11/13)

今年の最賃上昇は10~52ペソ 労使とも不満、政府に補助金要求(11/13)

VAT還付などの確認を簡素化、歳入庁(11/13)

ラザダ販促イベント、1日で半月分売り上げ(11/13)

12日為替:$1=53.295ペソ(↓)(11/13)

新航空管制システム導入で一部欠航も(11/13)

国内航空2社、燃油コスト増で減益赤字(11/13)

コンバージICT、台湾にネット中継拠点(11/13)

国産ゴムからタイヤ生産、来年1Qに開始(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン