電子決済システムの拡充を支援、日本が無償資金

【ヤンゴン共同】日本政府は、ミャンマー中央銀行の電子決済システムの機能を拡充するため、55億4,900万円を上限とする無償資金協力を行うことを決め、首都ネピドーで14日、両政府による署名式典が開かれた。 ミャンマー中銀が2016年に導入したシステムを、取引の増加に対応できる…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

新菱冷熱、ヨマセントラル空調工事を受注(18:16)

住商など環状線改修で信号受注 円借款、マンダレー線合わせ250億円(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

ヨマ銀、トラック配車カーゴーに無担保融資(03/25)

ネピドー宝石市、成約額は4.76億ユーロ(03/25)

改憲合同委、1カ月の休会に(03/25)

香港商工会議所が開設、ミャンマー投資促進(03/25)

グローバルワールド、農作物保険を拡販へ(03/25)

海外人材派遣、12社に最長3年の派遣停止(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン