電子決済システムの拡充を支援、日本が無償資金

【ヤンゴン共同】日本政府は、ミャンマー中央銀行の電子決済システムの機能を拡充するため、55億4,900万円を上限とする無償資金協力を行うことを決め、首都ネピドーで14日、両政府による署名式典が開かれた。 ミャンマー中銀が2016年に導入したシステムを、取引の増加に対応できる…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

越系マイテル、参入早々に受難 「軍の合弁」に臆測も顧客は急伸(06/25)

NLDが5年ぶり党大会、結束を呼び掛け(06/25)

新会社法は8月1日施行、大統領府が告知(06/25)

ヤンゴン空港行きシャトルバス、運行を開始(06/25)

中国商用車の輸入許可、北部のムセ国境から(06/25)

マンダレーのガス発電所、来年2月に完成へ(06/25)

マンダレー、バイクタクシーの事業環境整備(06/25)

香港系ローズウッドホテル、ヤンゴン進出へ(06/25)

韓国アセアンセンター、投資誘致策強化を要請(06/25)

カチン、中国企業の不法バナナ農園が増加(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン