電子決済システムの拡充を支援、日本が無償資金

【ヤンゴン共同】日本政府は、ミャンマー中央銀行の電子決済システムの機能を拡充するため、55億4,900万円を上限とする無償資金協力を行うことを決め、首都ネピドーで14日、両政府による署名式典が開かれた。 ミャンマー中銀が2016年に導入したシステムを、取引の増加に対応できる…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ迫害で予備調査、国際刑事裁(20:12)

スー・チー氏責任免れず、難民迫害で調査団(17:12)

刑事裁に反発、ロヒンギャ迫害の予備調査(17:44)

電源の米イートン、地場と提携で事業拡大(18:04)

ラカイン沿岸海域、大量の微細樹脂を確認(15:59)

タマホーム、地場企業と合弁 富裕層向けに分譲マンション(09/19)

ミャンマー軍が「主犯」、国連人権理報告書(09/19)

露SNS、国軍司令官のアカウントを閉鎖(09/19)

政治犯支援の財団、ロイター記者らを表彰(09/19)

ヤンゴン新都市計画、90万人雇用創出予測(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン