外国人証券運用、5月は2億ドルの売り越し

フィリピン中央銀行は14日、外国人投資家による2018年5月の有価証券運用が2億635万米ドル(約226億9,000万円)の売り越しだったと発表した。対米ドルでのペソ安や、石油製品をはじめとする物価上昇に対する投資家の懸念が高まり、3カ月ぶりに売り越しに転じた。 流入額は前年同…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

ジプニー初乗り、11月から10ペソに値上げへ(18:17)

ABS―CBN、不振のモバイル事業撤退へ(18:13)

台湾の精錬会社、金回収技術を売り込み(16:55)

テイクオフ:日系企業の出張者と話し…(10/18)

金融引き締めスタンス休止も 中銀、前月比インフレ緩和で(10/18)

ネットベースの輸入申告システム、全国導入(10/18)

中国輸入博に大規模訪問団を派遣(10/18)

政府機関の予算消化率、1~9月は97%(10/18)

国際競争力は56位、インフラ整備に遅れ(10/18)

17日為替:$1=53.890ペソ(↑)(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン