• 印刷する

バングラの難民キャンプ、豪雨被害が深刻に

ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ難民が多く避難しているバングラデシュ南東部コックスバザールが雨期の豪雨に見舞われ、2,350以上のテントなどが居住するには危険な状態になっている。これまでに少なくとも1人が死亡した。電子メディアのイラワジが13日に伝えた。

コックスバザールには100万人以上の難民がおり、うち約70万人は昨年8月のミャンマー国軍とロヒンギャ武装集団の衝突をきっかけにミャンマー西部ラカイン州から避難してきた。

国連の国際移住機関(IOM)によると、2万1,500人以上の難民に影響が出ている。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、コックスバザールでは、最大20万人の難民が地滑りや洪水の危険にさらされており、うち4万1,000人は非常に危険な状態にあるとみている。

バングラデシュの気象庁によると、モンスーンが南西部から北上し続けており、豪雨は悪化する危険性が高い。IOMは、緊急の資金援助も求めている。


関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コメの国境貿易で、中国と政府間協議を要請(13:20)

第1四半期のFDIは低調 8億ドル、通年目標の14%(01/23)

コメ輸出量、EU輸入制限などで減少予想(01/23)

FTA結び戦略的関係へ、EUとASEAN(01/23)

12月のインフレ率、6.86%で昨年最高値(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

国境貿易が3%減、中国国境の管理強化で(01/23)

カチン州で3大臣更迭、スーチー氏が命令か(01/23)

食用油協会、製油所の食品局認可取得を支援(01/23)

ヤンゴン管区の交通違反、18年は3.5万件(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン