豪新政策、7月から続々実施 海外商品課税や電気料値下げなど

オーストラリア連邦政府は、新年度(2018/19年度)が始まる7月1日から、海外からオンラインで購入した1,000豪ドル(約8万2,000円)未満の商品・サービスに対する消費税(GST)課税の導入や、65歳以上の高齢者による住宅売却益のスーパーアニュエーション(退職年金)資金へ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道商業・サービス建設・不動産運輸・倉庫政治


その他記事

すべての文頭を開く

社員の位置把握、キヤノンは問題なし=FWC(18:31)

豪大手銀、円建て「サムライ債」の発行拡大(18:31)

香港企のAPA買収、豪政府監督機関が審査(18:31)

テイクオフ:シドニーのワトソンズベ…(07/17)

違法な企業破綻、取締り強化 経済負担は51億$(07/17)

米中の貿易戦争、豪経済にも「深刻な影響」(07/17)

レアアース、米中貿易摩擦で影響も=豪大手(07/17)

石炭火電新設、エネルギー大手が支援申し出(07/17)

〔政治スポットライト〕野党党首の評価下落、統率力に疑問の声も(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン