• 印刷する

香港労働者がデジタル経済に危機感、調査

財務・人事管理ソリューションを手掛ける米ワークデイの調査で、香港の労働者の6割近くが、デジタル経済の急成長により自身の仕事が奪われるリスクがあると考えていることが明らかになった。14日付サウスチャイナ・モーニングポストなどが伝えた。

アジア太平洋地域8市場の労働者1,400人以上を対象に調査を実施した。香港では、43%の回答者が、「自身はデジタル経済で競争するための正しいスキルを持ち合わせていない」との見方を示した。

さらに23%が自身の仕事に満足していないと回答し、この比率は8市場中、韓国と日本に続き3番目に大きかった。8割以上はタイミングが合えば転職すると答え、25%が1年以内に現在の仕事を辞めるつもりだと回答した。退職する理由としては主に賃金、ワークライフバランス(仕事と生活の両立)、デジタル化による将来性のなさが挙がった。3割は、デジタルスキルに関する適切なトレーニングを受けていないと答えた。

調査によると、香港のデジタル経済の規模は2020年までに90億米ドル(約9,945億円)を超える見通し。


関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

周大福、7~9月の香港マカオ市場25%増収(10/19)

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

世界競争力報告、香港は7位に(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

小反落、石油関連に売り=香港株式(10/19)

中石化、香港に初の無人コンビニ出店(10/19)

旺角T.O.P、テクノロジー活用で集客(10/19)

上水の薬局に打撃、運び屋対策強化などで(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン