日系企業の税金問題が前進 通関・電力に課題、商工会まとめ

カンボジアに進出する日系企業が抱える問題のうち、税金問題が解決に向けて前進している。カンボジア日本人商工会(JBAC)によると、税優遇を受けている企業への付加価値税(VAT)の還付が進み、特別税の免税も明確になった。一方、複雑な通関業務や最低賃金の政治利用、電…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: その他製造建設・不動産運輸小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

携帯スマートの経済貢献拡大 17年は3.4億ドル、納税額は最大(10/23)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(10/23)

1~9月ゴム輸出量22%増、価格は下落(10/23)

対ロシア債務、「投資」に変更で合意(10/23)

商業相、米労働協会に投資呼び掛け(10/23)

フン・セン首相、元野党党首との交渉拒否(10/23)

宝飾の六福、7~9月は既存店14%増収(10/23)

EU制裁検討は「心理戦」 フン・セン首相、強気の姿勢維持(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン