• 印刷する

サムスン、事業所に太陽光・地熱発電施設

サムスン電子は14日、2020年までに、京畿道の水原、華城、平沢にある各事業所の駐車場や建物の屋上などに6万3,000平方メートル規模の太陽光・地熱発電施設を順次設置すると発表した。再生可能エネルギーの使用量を拡大することで温室効果ガスの削減に取り組む。「環境に優しい」企業としてのイメージを高める狙いもある。

まずは年内に水原事業所に4万2,000平方メートル規模の発電設備を設置する。韓国政府は、30年までに国内の電力使用量全体の2割を再生可能エネルギーで賄う計画を立てており、これに対応する狙いもある。

同社はまた、米国や欧州、中国の事業所にも対象を拡大し、20年までに国内を含めて世界全体で3.1ギガワット(GW)規模の発電設備を整える計画だ。これは国内の約11万5,000世帯が1年間に使用する電力量に相当する。


関連国・地域: 中国韓国米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ジンエアー免許取り消さず、当局が最終決定(17:27)

ポスコエナジー、燃料電池事業を切り離しか(17:16)

LGCNS、社内ベンチャー第1号を分社化(17:11)

コンビニ・外食で省力化の波 賃金上昇で、決済インフラ活用(08/17)

テイクオフ:総勢96人の日韓中の美…(08/17)

韓国、香港で食品販売に注力 コスパに強み、韓流も追い風に(08/17)

主要30グループ、上期投資額が24%増(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

半導体好景気まもなく終了か、懸念高まる(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン