• 印刷する

テイクオフ:現地の朝刊を読んでいる…

現地の朝刊を読んでいると、見覚えのある小柄なおばあさんが1面を飾っていた。体には、蛇のウロコのような入れ墨が隙間なく刻まれている。フィリピン最年長のタトゥー・アーティスト、ワン・オッド氏だ。今月、国家文化芸術委員会(NCCA)から国家文化遺産賞が贈られる。

実は2カ月前、この女性に会う機会を逃した。彼女はルソン島北部カリンガ州の人里離れた山奥で活動している。水と炭を混ぜた塗料を、かんきつ類のカラマンシーの枝を使い器用に手で打ち込む。その様子を動画サイトで見た友人が会いに行くと誘ってくれたが、予定が合わずじまい。

聞けばワン氏、気分が乗った時にしか彫らないそう。友人は、10代の弟子3人が施してくれたと少々残念顔。背中に刻まれたのは、蛇のウロコではなくカリンガ族の模様だった。毒々しくも美しい。入れ墨はお断りするが、その腕を一度拝見したい。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アルソンズ、発電2事業に440億円投資(06/14)

1Qの金属生産額は12%増、金増産で(06/14)

中間層拡大、モス展開の商機 合弁先CEO「20年前から視野」(06/14)

PLDT、本社再開発でNTTと協議(06/14)

アヤラ子会社、米医療技術会社に出資(06/14)

ジョリビー、米越など海外で出店攻勢(06/14)

コカコーラ、比に容器リサイクル工場建設へ(06/14)

1~4月の外国人旅行者、8.6%増の287万人(06/14)

国内線の航空旅客数、1Qは10%増の709万人(06/14)

グラブ、ハッチバック規制の緩和を要求(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン