• 印刷する

テイクオフ:取材先での待ち時間、受…

取材先での待ち時間、受付カウンターにいたマレー系マレーシア人の女性2人から「ちょっと聞きたいんだけど」と話しかけられた。「あの女性の顔、修正しないと掲載できなかったって本当?」。こちらは「あの女性」が分からず困惑していると、もう1人が「それじゃ分からない」と名前を明かした。前政権の最高権力者の夫人だった。

政権交代後、ナジブ政権下でのタブーが、市民の間でもおおっぴらに話題に上る。「あの女性」は先ごろ、不正蓄財の疑いで当局の聴取を受けたが、地元紙に掲載された写真が、それまで知っていた顔と全く違ったため驚いたという。

「前はこの話もできなかった」と、2人は投資公社ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)疑惑の話題を大声で続けた。もちろん、現政権にもタブーが生まれない保証はない。この開放的な雰囲気がいつまでも続いてほしいと思う。(北)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新政権100日、無難な滑り出し 大型事業見直しは成長の下押し圧力(08/17)

首相の支持率71%、政権100日で民間調査(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

新政権100日の評価は「D」=野党(08/17)

地場アイリス、キャッシュレス自販機を駅に(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

RM=27.0円、$=4.10RM(16日)(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

7月の新車販売、前年同月比41%増(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン