カジノ大手、日本は有望市場 進出に意欲、依存症対策も

マカオでカジノを運営する大手企業が、カジノ解禁に向けて関連法案の審議を進めている日本に熱い視線を向けている。複数の企業が日本を有望な市場と見込み、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を開発する意向を表明。日本のインバウンドに貢献できるとアピールしている。ただ…

関連国・地域: 香港マカオ日本
関連業種: 建設・不動産サービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(08/17)

韓国、香港で食品販売に注力 コスパに強み、韓流も追い風に(08/17)

日本食品輸出をさらに拡大へ、農水相がPR(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

HKTSPの企業育成、5年内に500社に(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

HKMA、計3回の香港ドル買い実施(08/17)

京都の「%Arabica Coffee」が1号店出店へ(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン