カジノ大手、日本は有望市場 進出に意欲、依存症対策も

マカオでカジノを運営する大手企業が、カジノ解禁に向けて関連法案の審議を進めている日本に熱い視線を向けている。複数の企業が日本を有望な市場と見込み、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を開発する意向を表明。日本のインバウンドに貢献できるとアピールしている。ただ…

関連国・地域: 香港マカオ日本
関連業種: 金融・保険商業・サービス建設・不動産観光・娯楽社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

スタバ、利園3期に旗艦店オープン(06/22)

小米株、クアルコムなど7社が5億ドル引受(06/22)

輸出指数が7年ぶり高水準 米中通商問題も楽観視大半(06/22)

大湾区計画の発表、再びずれ込みか(06/22)

5月のCPI上昇率2.1%、0.2P拡大(06/22)

IT5社の談合疑惑、審裁処で聴聞始まる(06/22)

HIBORに先高感、1カ月物は2%も(06/22)

反落、6カ月ぶり低水準に=香港株式(06/22)

奇華餅家が香港工場拡張、生産5割増強へ(06/22)

おにぎりの華御結、2年後に香港200店へ(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン