• 印刷する

国家債務の救済基金が6千万リンギ超え

国家債務の軽減に向けて設立した信託基金「マレーシア希望基金(THM)」の寄付額が12日午後3時時点で6,000万リンギ(約16億6,000万円)の大台を突破し、総額6,132万リンギに上ることが分かった。マレーシアの不動産開発大手マーシン・グループが300万リンギを寄付したことで、一気に膨らんだ。スターなどが13日伝えた。

マーシン・グループのレオン・ホイクム社長は、「われわれが企業の社会的責任(SRC)として、若者を対象に取り組んでいる教育プログラムを超える効果があると判断した」と述べた。また、「マレーシアが歴史的に初めて経験する国家救済策に対し、国民1人ひとりができる形で協力し、支えていきたい」と強調した。

本業の市況については、GST(消費税)の実質の撤廃で消費に余裕が生まれ、住宅購入も活発化するとみている。販売価格が50万リンギ以下の手頃な物件の開発に力を入れているという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「臭い」問題再び。一難…(12/11)

「サッカー熱」の争奪戦 スズキ杯決勝、チケット即完売(12/11)

三井金属、ス州工場で増産計画が完了(12/11)

RM=27.0円、$=4.17RM(10日)(12/11)

ペナン空港の輸出貨物取扱量、18年は8%増(12/11)

エアアジアの越合弁、19年8月に運航開始(12/11)

SLPリソーシズ、1100万リンギで生産増強(12/11)

カジノゲーム機器RGB、30%増益予想(12/11)

HSL、サラワク州の大規模インフラに照準(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン