• 印刷する

テイクオフ:食べ物のデリバリーは自…

食べ物のデリバリーは自宅や会社へ運んでもらうのが基本だが、米ウーバーが展開する「ウーバー・イーツ」は「どこへでも」運んでくれるらしい。渋滞にはまっていても注文者の車を探し当てて届けてくれるという。インド人の知人が「渋滞がひどいインドで生まれたサービスに違いない」と皮肉っていた。

急速に拡大を続ける自動車市場に後れを取るインフラ開発、交通ルールを無視した走行、路上駐車などが生み出す交通渋滞。もうすぐ北部にもやってくる雨期もそれに拍車を掛ける。そして渋滞中はどこが口寂しくなる。そんなときにウーバーのサービスは大活躍なんだそうだ。

確かに渋滞中にお腹がすいた時は便利だが、急に車が流れ出したらちゃんと届くのか疑問だ。決済など食品の受け渡しに時間がかかれば、渋滞悪化の要因になりはしないかとも思えた。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン