• 印刷する

テイクオフ:討論番組で政治家が大声…

討論番組で政治家が大声で互いを批判し、時にはもみ合う。自分が支持する候補者のそのような様子を見てがっかりし、投票に行かない人が少なくなかった。なによりも「投票をしても社会は変わらないだろう」という認識が、韓国では一般的だった。

しかし、朴槿恵前大統領を退任させた、いわゆる「ろうそく集会」を見るとその認識は少しずつ変わっているようだ。集会に参加した人の数と年齢の多様さを見れば、政治に興味をもって韓国の未来を考える人が多いことが分かる。

韓国では満19歳以上の国民に投票権があるが、若い人ほど選挙に関心を持っている。政治に対する見方は人それぞれだが、誰もが自分のことのように関心を持って投票に行こうとする。投票権がない子どもたちも、政治への関心度は高い。

6月13日の統一地方選挙。そんな若者に、韓国の希望を感じた。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

7月新規車両登録は29%減 乗用車と商用車がともに不振(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

韓企業、インフルエンサー利用サービス開始(08/15)

新韓銀行、サムスンペイ・プリペイドを開始(08/15)

ニュースPICK UP(08/15)

韓国企業と工業地域開発へ ヤンゴン南西部、管区政府が覚書(08/14)

テイクオフ:当地でエレベーターに閉…(08/14)

ハンファ、2兆円強を投資 太陽光や石化など4分野を育成へ(08/14)

景気先行指数、15カ月連続下落=OECD(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン