• 印刷する

テイクオフ:討論番組で政治家が大声…

討論番組で政治家が大声で互いを批判し、時にはもみ合う。自分が支持する候補者のそのような様子を見てがっかりし、投票に行かない人が少なくなかった。なによりも「投票をしても社会は変わらないだろう」という認識が、韓国では一般的だった。

しかし、朴槿恵前大統領を退任させた、いわゆる「ろうそく集会」を見るとその認識は少しずつ変わっているようだ。集会に参加した人の数と年齢の多様さを見れば、政治に興味をもって韓国の未来を考える人が多いことが分かる。

韓国では満19歳以上の国民に投票権があるが、若い人ほど選挙に関心を持っている。政治に対する見方は人それぞれだが、誰もが自分のことのように関心を持って投票に行こうとする。投票権がない子どもたちも、政治への関心度は高い。

6月13日の統一地方選挙。そんな若者に、韓国の希望を感じた。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スマート工場を3万カ所構築 政府主導、中小企業が対象(12/14)

カカオ、相乗りサービス開始を無期延期(12/14)

11月の新規車両登録は5%減 乗用車と商用車が2桁のマイナス(12/14)

現代自、世代交代を加速 鄭副会長体制に移行へ(12/14)

11月の輸入物価指数、6.0%上昇(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

上場企業1~9月期売上高、46%が減少(12/14)

韓国主要企業の売上高、12年ピークに停滞(12/14)

韓国ジオモーターズ、電動バイク生産へ(12/14)

R&D投資額で世界1位、サムスン電子(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン