外国為替取引の規制、さらに緩和へ

フィリピン中央銀行は、外国為替取引の規制をさらに緩和する方針だ。2007年から実施している規制緩和策の一環で、外国投資を促進するのが狙い。13日付ビジネスワールドなどが伝えた。 エスペニリヤ総裁は「新たな方針の詳細はまだ公表できない」としているが、基本的には対外債務…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:現地の朝刊を読んでいる…(06/18)

5月新車販売は14%減 4カ月連続マイナス、一部回復も(06/18)

現代自の1~5月販売、7%減の1.3万台(06/18)

経常赤字2億ドルに縮小、サービス収支伸び(06/18)

優遇改正の移行期間5~7年妥当、民間団体(06/18)

税制改革で法人税率10%なら妥協、電子業界(06/18)

外国人証券運用、5月は2億ドルの売り越し(06/18)

14日為替:$1=53.270ペソ(↓)(06/18)

サンミゲル、国内5~6カ所に醸造所建設(06/18)

飲料ゼストオー、販売急減で工場閉鎖も(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン