韓国産鋼管に最大31%課税、米商務省が決定

13日付ソウル経済新聞によると、米商務省は12日、米国に輸入される韓国産鋼管に対して最大31%の追加関税を課すことを決めた。 円形溶接された非合金鋼管が対象となった。送油管とラインパイプに続き、鋼管が追加関税の対象となったのは3例目。米商務省が毎年度実施している再審…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソウル・梨泰院にある「…(04/22)

現代自、中国で低迷長期化 北京工場の稼働中断も(04/22)

今年の成長率2.3%に下方修正、LG経済研究院(04/22)

韓国の大企業比率0.09%、OECD最下位圏(04/22)

2大都市の大型開発4件が始動=建設省(04/22)

サムスン電機のPLP事業、電子に譲渡か(04/22)

二輪車ロイヤル、韓国市場に参入(04/22)

発電EGCOの韓国投資、年間利益77億円(04/22)

サムスン傘下のハーマン、BMWなどに供給(04/22)

現代自、COOに元日産のムニョス氏(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン