韓国産鋼管に最大31%課税、米商務省が決定

13日付ソウル経済新聞によると、米商務省は12日、米国に輸入される韓国産鋼管に対して最大31%の追加関税を課すことを決めた。 円形溶接された非合金鋼管が対象となった。送油管とラインパイプに続き、鋼管が追加関税の対象となったのは3例目。米商務省が毎年度実施している再審…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:閑静な住宅地のソウル清…(12/11)

電子機器大手が生産移管の動き 台湾・中国企業、米中貿易戦争で(12/11)

19年度予算47兆円、過去最大 就職支援で雇用拡大へ(12/11)

半導体大手2社、設備投資で速度調整か(12/11)

サムスンのサイネージ、世界シェア首位見込(12/11)

韓国の大宇建設、ハノイ新都市事業が好調(12/11)

農協銀行がチャットボット導入、金融では初(12/11)

カカオ、タクシー需要を予測するAI技術開発(12/11)

カカオ相乗りサービス、17日に正式開始(12/11)

KTX江陵線の脱線、回路接続ミスが原因か(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン