• 印刷する

《労使》最低賃金、今年は8省区市が引き上げ

中国の経済誌「中国経済週刊」(電子版)によると、今年は6月6日時点で山東省や上海市など8省区市が最低賃金基準を引き上げていることが分かった。

今年に入り最低賃金を引き上げたのは、ほかに新疆ウイグル自治区、遼寧省、江西省、チベット自治区、広西チワン族自治区、雲南省。2016年以降では29省区市が最低賃金を引き上げており、中央政府は2年に一度の最低賃金引き上げを求めていることから、今年は残る2省の四川省と安徽省も引き上げを実施するとみられている。

今月6日時点での全国31省区市の月額最低賃金を見ると、最高は上海で2,420元(約4万1,800円)となっている。これに天津市(2,050元)、浙江省(2,010元)、北京市(2,000元)が続き、この4省市のみ2,000元を超えている。

最低賃金が低い省区市は、下から海南省(1,430元)、青海省(1,500元)、四川省(1,500元)となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(00:23)

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

「貯蓄始めた」は半分足らず 若い世代、低い老後への意識(08/17)

中タイ高速鉄道、年内に工事入札へ(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

米中が貿易協議を再開、今月下旬に次官級(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

海外からの対中投資、1~7月は2.3%増(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン