• 印刷する

《労使》最低賃金、今年は8省区市が引き上げ

中国の経済誌「中国経済週刊」(電子版)によると、今年は6月6日時点で山東省や上海市など8省区市が最低賃金基準を引き上げていることが分かった。

今年に入り最低賃金を引き上げたのは、ほかに新疆ウイグル自治区、遼寧省、江西省、チベット自治区、広西チワン族自治区、雲南省。2016年以降では29省区市が最低賃金を引き上げており、中央政府は2年に一度の最低賃金引き上げを求めていることから、今年は残る2省の四川省と安徽省も引き上げを実施するとみられている。

今月6日時点での全国31省区市の月額最低賃金を見ると、最高は上海で2,420元(約4万1,800円)となっている。これに天津市(2,050元)、浙江省(2,010元)、北京市(2,000元)が続き、この4省市のみ2,000元を超えている。

最低賃金が低い省区市は、下から海南省(1,430元)、青海省(1,500元)、四川省(1,500元)となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン