《労使》最低賃金、今年は8省区市が引き上げ

中国の経済誌「中国経済週刊」(電子版)によると、今年は6月6日時点で山東省や上海市など8省区市が最低賃金基準を引き上げていることが分かった。

今年に入り最低賃金を引き上げたのは、ほかに新疆ウイグル自治区、遼寧省、江西省、チベット自治区、広西チワン族自治区、雲南省。2016年以降では29省区市が最低賃金を引き上げており、中央政府は2年に一度の最低賃金引き上げを求めていることから、今年は残る2省の四川省と安徽省も引き上げを実施するとみられている。

今月6日時点での全国31省区市の月額最低賃金を見ると、最高は上海で2,420元(約4万1,800円)となっている。これに天津市(2,050元)、浙江省(2,010元)、北京市(2,000元)が続き、この4省市のみ2,000元を超えている。

最低賃金が低い省区市は、下から海南省(1,430元)、青海省(1,500元)、四川省(1,500元)となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

新国立競技場の建設進む 中国が資金援助、20年末に完成(06/18)

中国から履物生産移管の動き アディダス、越の比率5割余りに(06/18)

中国車2社、インド進出を先延ばし(06/18)

中国系Fウィール、電動自転車の販売拠点開所(06/18)

LG化学のEVバッテリー、中国攻略に本腰(06/18)

豪政府、5G事業めぐり中国をけん制(06/18)

【予定】18日 5月貿易統計ほか(06/18)

【訃報】野田正男氏(元ノダ社長)(06/18)

百世物流科技がEECに170億円を投資へ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン