• 印刷する

ルイサコーヒー、コーヒーかすを紙カップに

コーヒーチェーン店「路易莎カヒ(カ=口へんに加、ヒ=口へんに非、ルイサコーヒー)」を運営する路易莎職人カヒは13日、成功大学や機能性衣料メーカーの興采実業(シングテックス)と共同で、コーヒーかすを再利用した紙カップやメニュー表などを開発したと発表した。

同日に台北市内で開いた会見で明らかにした。成功大学は、学生が中心となり、約3カ月をかけてコーヒーを抽出した後のかすから作ったリサイクル紙で紙カップなどを開発。興采実業は、コーヒーかすから作った従業員用ユニフォームを開発した。ルイサコーヒーの黄銘賢総経理は、「各店舗からは年間約500トンのコーヒーかすが出る。従来は全て廃棄処分していたが、再利用できないかと考えていた」と説明。メニュー表とコースターは今後、店舗で導入する可能性もあるという。

会見に臨むルイサコーヒーの黄銘賢総経理(左から2人目)ら=13日、台北(NNA撮影)

会見に臨むルイサコーヒーの黄銘賢総経理(左から2人目)ら=13日、台北(NNA撮影)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新内閣が発足し、新たな…(01/16)

日立、台鉄から特急600両受注 1600億円、21年以降の新型車両に(01/16)

工研院、華為製品を内部ネットワーク接続不可に(01/16)

華邦電子、420億元の協調融資契約(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

保護デバイスの興勤、高雄楠梓工場を拡張(01/16)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(350)(01/16)

受動デバイスの禾伸堂、桃園に新工場(01/16)

三顧、義大と「細胞シート再生」技術利用で提携(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン