映画・アニメにAI活用、知財戦略ビジョン

【共同】政府は12日、2030年ごろを見据えた知的財産政策の戦略ビジョンをまとめた。映画やアニメなどの制作に人工知能(AI)を活用するほか、日本文化の海外展開に外国人の視点を取り入れることなどを掲げた。 知財ビジョンは、ITの進化などを踏まえ5年ぶりに見直した。安倍…

関連国・地域: 日本
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

最賃改定で自動化対応に需要 ヤンゴン、繊維業見本市に130社(12/10)

ラオス民法典が成立 日本が支援、市場経済に下地(12/10)

【書籍ランキング】11月22日~11月28日(12/10)

ハウス食品、越でカレー事業 「カレー元年」日系各社も続々と(12/10)

有田みかん販促でPRイベント 有望市場向けの輸出拡大に期待(12/10)

パナ、マレーシア現法の開発力強化 新市場にらみ、新R&D拠点開所(12/10)

製造機器は日本ブランド信仰=ウズベキスタン(12/10)

ヤマハ、「ノザグランデ」19年モデル発売(12/10)

華為問題、中国が強く反発 カナダへの報復措置を示唆(12/10)

英BTが華為製品を排除、5Gの基幹分野で(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン