• 印刷する

テイクオフ:10億米ドル(約1,1…

10億米ドル(約1,105億円)の罰金に4億米ドルの保証金支払い、役員と経営陣の刷新、今後10年間は米当局の監視下……。通信設備・機器世界大手の中興通訊(ZTE)と米政府との和解条件は、同社にしてみれば「屈辱的」といえる。それでものまざるを得なかったのは、背に腹は代えられなかったからに違いあるまい。

急速なキャッシュレス化、本格普及し始めた顔認証、自動運転ほか各種先端技術開発の活発化など、ハイテク化とスマート化に突き進む中国。一方で、制裁により米企業からの部品供給が止まっただけでZTEがあわや「干上がりかけて」しまったことは、ハイテク化とスマート化を支える中核技術がいまだ海外依存という重い現実をあらためて知らしめた。

中核技術を巡る米中のせめぎ合いはさらに激化しそう。ZTE監視の期間が終わる10年後の姿はいかに。(蓬)


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

経済政策と元安に不満強める 米、為替操作国認定は見送り(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

中国ベスト、タイで宅配事業開始(10/19)

海外からの対中投資、1~9月は2.9%増(10/19)

マイカー保有台数、1.8億台を突破(10/19)

相次ぐEV発火事故、安全性に不安の声(10/19)

韓国の家電輸出が2割減、米保護主義が影響(10/19)

中石化、香港に初の無人コンビニ出店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン