【為替マーケット分析】短命ながらも豪ドルが主役

■これまでの動き 先週の豪ドルは6月6日に4月下旬以来の高値0.7677米ドルをつけた後、3週連続の陽線を引いて越週した。 為替市場では、イタリアの政局不安が後退する中、欧州中央銀行(ECB)高官から資産買い入れプログラムの年内終了を示唆する発言が相次いだことでユー…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:よく行くスーパーで、い…(06/21)

テルストラ、8千人解雇へ インフラ事業を分離(06/21)

オプタス、全放映権保有のW杯でIT障害(06/21)

「移民は多すぎ」、豪人の過半数突破(06/21)

豪最大野党、政府減税案の第1段階のみ承認(06/21)

豪の非正規の労働者割合25%、20年間変わらず(06/21)

保険IAG、アジア3社を東京海上に売却(06/21)

退職年金滞納の企業数、過去最多に(06/21)

エクソン、VIC州にLNG輸入基地を検討(06/21)

豪州の人口、今月中に2500万人突破(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン