【為替マーケット分析】短命ながらも豪ドルが主役

■これまでの動き 先週の豪ドルは6月6日に4月下旬以来の高値0.7677米ドルをつけた後、3週連続の陽線を引いて越週した。 為替市場では、イタリアの政局不安が後退する中、欧州中央銀行(ECB)高官から資産買い入れプログラムの年内終了を示唆する発言が相次いだことでユー…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:多文化国家のオーストラ…(04/26)

豪1~3月期CPIが横ばい 準備銀に利下げ圧力も(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

三菱UFJ、アリウム債権をバンカメに売却(04/26)

最高税率区分に入った納税者、5年で26%増(04/26)

選挙戦1週目、FBではアダニの炭鉱が話題(04/26)

AHG、「競合の買収提示額は過小評価」(04/26)

包装アムコーが米工場売却、買収承認の条件(04/26)

労働党、NAIF貸付の代替政策を公約に(04/26)

豪投資ビザ、中国人向け発給数が60%超減少(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン