• 印刷する

テイクオフ:外国の街角で自動販売機…

外国の街角で自動販売機を見つけると、使ってみたいと思う反面、やや不安も覚える。釣り銭が出てこない、商品が出てこない、出てきたが隣の商品だったなど、すんなりいかない展開になりがちだ。

インドでは空港や主要駅に飲み物の自販機が置いてある。中の商品がガラス越しに見える構造だから、品切れや商品違いの事態は回避しやすい。ただ、金額を投入しても反応しないことがときどきある。

チェンナイ市の鉄道駅では、水を買おうと立ち寄った自販機が不調だった。10ルピー、20ルピーと額をかえて入れてみるが反応しない。遠巻きにこちらを眺めていた男性が、あそこで買いな、と脇の売店を指さす。故障があまりに多いため、需要ありとみて店ができたのだという。自販機の不調からこんな商機が生まれるとは。インド人の商魂に感心しつつ、失った数十ルピーのことは忘れて売店で水を購入した。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド5州の州議会選挙…(12/10)

EC2社の首位争い拮抗 アマゾンとFK、課題は赤字削減(12/10)

電動三輪キネティック、伊ブランドと提携(12/10)

インド大統領、10~14日にミャンマー訪問(12/10)

シェル、世界初の組み立て式トラックを公開(12/10)

二輪ロイヤル、タイ子会社の設置を計画(12/10)

サプラ、インド沖海底油田で設備共同受注(12/10)

起亜自、AP州にHVやEVを寄贈(12/10)

JKタイヤ、北部の工場拡張に125億ルピー(12/10)

タイヤ輸出額、本年度は1200億ルピー超予測(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン