小米CDR上場、調達資金4割を世界展開に

中国スマートフォン大手の小米科技(北京市、シャオミ)が上海証券取引所への中国預託証券(CDR)上場に向け、中国証券監督管理委員会(証監会)に提出した上場目論見書の草案が11日、明らかになった。調達資金の40%を事業の世界展開に充てるとする内容だ。 上場するのは、英領…

関連国・地域: 中国-北京香港
関連業種: IT・通信電機金融・保険商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

新国立競技場の建設進む 中国が資金援助、20年末に完成(06/18)

中国から履物生産移管の動き アディダス、越の比率5割余りに(06/18)

中国車2社、インド進出を先延ばし(06/18)

中国系Fウィール、電動自転車の販売拠点開所(06/18)

LG化学のEVバッテリー、中国攻略に本腰(06/18)

豪政府、5G事業めぐり中国をけん制(06/18)

【予定】18日 5月貿易統計ほか(06/18)

【訃報】野田正男氏(元ノダ社長)(06/18)

百世物流科技がEECに170億円を投資へ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン