• 印刷する

積水化学、住宅開発プロパティーと合弁設立

積水化学工業は12日、タイの住宅開発大手プロパティー・パーフェクトと合弁会社「PFーSekisui JV(PFセキスイJV)」を設立すると発表した。分譲地開発のノウハウを持つプロパティーと組み、タイで一戸建て分譲事業に参入する。

登録資本金は2億バーツ(約6億9,000万円)。プロパティーが51%、積水化学が49%それぞれ出資する。

PFセキスイJVは、プロパティーが保有する分譲地内で、約70区画の一戸建て分譲計画を進めている。売上総額は約70億円に上る見通し。開発場所は明らかにしていないが、2019年1月にも販売を開始する予定。

積水化学の担当者はNNAに「合弁設立で収益の増加を目指す。今後もタイでの事業を拡大していきたい」と述べた。

積水化学は、09年にタイの素材最大手サイアム・セメント・グループ(SCG)と合弁で、ユニット住宅の生産会社「SCGセキスイ・インダストリー」と、販売会社「SCGセキスイ・セールス」をそれぞれ設立した。

13年には、中部サラブリ県で積水化学の海外初となるユニット住宅の量産工場を竣工し、現在までに800棟以上を売り上げた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ミャンマー国境に近い北…(12/17)

交通事故死、依然アジア最悪 二輪事故の対策課題=WHO調査(12/17)

19年も景気・通貨安定=三井住友銀セミナー(12/17)

日タイでASEAN議長国就任記念セミナー(12/17)

西鉄、総事業費72億円のコンド開発へ(12/17)

住宅アナンダ、三井不動産と合弁で新コンド(12/17)

パナソニック、タイで住宅事業参入を検討(12/17)

空港高速鉄道入札、CP連合が安値を提示(12/17)

タイ湾のガス田入札、PTTEPが落札(12/17)

バンチャーク石油、子会社4社の設立を発表(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン