• 印刷する

テイクオフ:休暇を利用して、バリン…

休暇を利用して、バリントントップス国立公園内にあるグロスターリバーにキャンプに出掛けた。シドニーの自宅から車で約3時間半、最後の30分は未舗装の道を土煙を上げながらのろのろと進む。途中、何度も小川の中をじゃぶじゃぶと車で渡り、道ばたにたたずむ牛たちに「ちょっと道空けて!」と声を掛けながらの旅となった。

ところがキャンプ場に着いてみると、大阪の実家から車で30分ほどのキャンプ場と何ら変わりない。そばに川があるが、空気はさほど澄んでおらず、日本の山中のようなマイナスイオンを感じるにはさらに上流に行かなければならないようだ。

日本なら1時間もあれば山にも海にも大都市にも出られる。便利さだけでなく、すべてがコンパクトにまとまっていることが観光客にとっていかに魅力であるか、広大なこの地で今更ながら気付かされた。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもが通う小学校が創…(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

今年のM&A取引、総選挙実施で低調予測(01/18)

産金業界大手の大型合併、豪で警戒感も(01/18)

ウッドサイド、スカボローLNG実現で投資(01/18)

NSW炭鉱で労使交渉妥結、港湾ではストへ(01/18)

新規再生エネ蓄電施設が稼働、投資増加も(01/18)

EV増加で充電施設の整備を=EV企(01/18)

豪証取委、自動車ローン取締りで調査実施中(01/18)

豪銀、英EU離脱懸念で独蘭に拠点移動計画(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン