• 印刷する

《日系進出》飲食店経営コンサル、孫会社設立へ

飲食店などの経営コンサルティング事業などを手掛けるG―FACTORY(ジーファクトリー、東京都新宿区)は12日、同日開催した取締役会で、ベトナムに孫会社を設立することを決議した。飲食店の出店を検討する日系企業が増えていることから、サポート体制を強化する。

孫会社「GFキャピタル(ベトナム)」(仮称)は、10月をめどにホーチミン市に設立する予定。資本金は200億ドン(87万6,800米ドル、約9,590万円)で、ジーファクトリーが64.02%出資するシンガポールの連結子会社GFキャピタルが全額出資する。社長にはジーファクトリーおよびGFキャピタルの片平雅之社長が就任する予定。飲食業者などの出店をサポートする。中長期的に人材支援を含むワンストップサービス体制を構築し、ベトナムに進出する日系企業のサポート力を強化していく計画だ。

ジーファクトリーは、東南アジア諸国連合(ASEAN)での和食ブームや訪日旅行の増加による現地の消費者の日本食への関心の高まりを背景に、進出を検討する日系企業の動きが活発化していることを受け、2015年3月にGFキャピタルを設立。昨年5月には、タイにも子会社(現・孫会社)を設立した。また、海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構、東京都港区)との共同出資をきっかけに、顧客の進出や進出後の障壁について、窓口を一本化することでワンストップサービス体制を構築してきた。


関連国・地域: タイベトナムシンガポール日本
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン