GMがエコカー投入加速、23年までに20車種

自動車大手の米ゼネラル・モーターズ(GM)はこのほど、中国で2023年までにエコカー(新エネルギー車)20車種を投入する方針を明らかにした。同社は16~20年に10車種を発売する計画を既に表明していたが、投入ペースを加速する。

GMは中国でこれまでにプラグインハイブリッド車(PHV)仕様の「キャデラックCT6」、電気自動車(EV)の「宝駿E100」、航続距離延長システムを搭載したレンジエクステンダーEVの「ビュイック・ベライト5」のエコカー3車種を発売済み。直近では「ベライト6」のPHV仕様車とEV仕様車の投入を予定している。

GM中国の銭恵康(マット・チェン)総裁は「我々は引き続き中国市場におけるエコカー製品の展開を拡大し、電気化のソリューション、航続距離、車体デザインなど多方面から消費者に豊富な選択肢を提供する」とコメント。中国消費者に合わせた製品の現地化を進める方針も示した。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

新都市開発で対話集会開催へ 透明性欠如との指摘に対応(06/19)

テイクオフ:普段からよく使っている…(06/19)

米が追加関税へ、中国も報復 相互に500億ドル分、7月発動予定(06/19)

豪とEUがFTA交渉開始 共同で保護主義に反発(06/19)

中国メディアが批判、米の追加関税(06/19)

外資の利用拡大へ、国務院が複数の推進策(06/19)

ダーウィン港管理の中国企、多大な負債に困窮(06/19)

プロトン成長の鍵はEV開発、経済学者提言(06/19)

港澳一号、マカオへの運賃は170ドルから(06/19)

国税局と地税局が統合、各省で新機関発足(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン