オリジン、5年でホテルなどに690億円投資

タイでコンドミニアム(分譲マンション)などを開発するオリジン・プロパティーは11日、新たに設立した子会社「ワン・オリジン」を通じ、向こう5年で宿泊施設事業などに200億バーツ(約687億円)を投じる計画を発表した。 投資の内訳はホテルやサービスアパートなどの宿泊施設事…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あ、後ろに気をつけて…(06/26)

外資系ホテルの進出相次ぐ 過去8年で3倍に、旅行者増加で(06/26)

タイを世界の起業拠点に 見本市に220社、大型支援施設も(06/26)

三井物産、製糖会社の生産能力3倍に増強(06/26)

ヨントラキット、現代自とマイクロバス組立(06/26)

バス業者連盟とチョー、共同出資会社設立(06/26)

発電ラチャブリ、BSRへの出資拡大を検討(06/26)

シーメンス、タイ企業の電車車両製造を支援(06/26)

BTSでシステム故障、朝の通勤に影響(06/26)

【予定】26日 小笠原諸島返還50年ほか(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン