パイプライン架空発注疑惑、土地未取得判明

マレーシア財務省は11日、ナジブ前政権下でのガスパイプライン敷設事業2件を巡る架空発注疑惑に関連し、事業を管轄している財務省傘下のスリア・ストラテジック・エナジー・リソーシズ(SSER)が中国企業と94億リンギ(約2,600億円)相当の契約を結びながら、必要な権利や敷設…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

【訃報】古屋浩吉氏(前松屋社長)ほか(08/22)

ネット書店最大手の博客来、マレーシア進出(08/22)

テイクオフ:カプセルホテルがイスラ…(08/21)

通貨スワップ協定を延長 首相訪中、相互利益呼び掛け(08/21)

南沙諸島の軍艦派遣に警戒感=アジ研・熊谷氏(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

RM=27.0円、$=4.09RM(20日)(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン