パイプライン架空発注疑惑、土地未取得判明

マレーシア財務省は11日、ナジブ前政権下でのガスパイプライン敷設事業2件を巡る架空発注疑惑に関連し、事業を管轄している財務省傘下のスリア・ストラテジック・エナジー・リソーシズ(SSER)が中国企業と94億リンギ(約2,600億円)相当の契約を結びながら、必要な権利や敷設…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:こんなにも目まぐるしく…(06/19)

高速鉄道よりもマレー鉄道活用を 政府、改修案を前向き検討か(06/19)

RM=27.6円、$=3.99RM(18日)(06/19)

為替相場、一時年初来の1ドル=4リンギ台(06/19)

プロトン成長の鍵はEV開発、経済学者提言(06/19)

UEMサンライズ、RTO方式の物件拡大へ(06/19)

神栄、7月に貨物の落下試験機の製造開始(06/19)

アリババがKL事務所を開設=東南アジア初(06/19)

地場電子決済社、アジア展開で生体認証を強化(06/19)

米などのエタノールアミン、AD仮裁定(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン