新国民車構想に批判相次ぐ 唐突で採算性・合理性を疑問視

マレーシアのマハティール首相が11日、東京で開かれた国際交流会議で新たな国産車メーカーを立ち上げる構想を明かしたことに対し、マレーシア国内の専門家から「事業化調査を踏まえず、採算性など不透明だ」と批判が集中した。新政権が財政再建を最優先課題の一つに掲げていること…

関連国・地域: 中国韓国タイマレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:十数年前に、シンガポー…(04/22)

東南アジア主要6カ国に出店 3年以内に、菓子パンの八天堂(04/22)

3月新車販売、前年比6%増 国民車2社中心にSUVが好調(04/22)

バンダル・マレーシア再開、中国社も参加(04/22)

RM=27.0円、$=4.13RM(19日)(04/22)

ス州・KLで24日から断水、最長86時間(04/22)

トヨタが新型ヤリス発表、ス州工場で生産(04/22)

日産、新エクストレイルの価格を公表(04/22)

ペラ州政府、プロトンの拠点拡大を全面支援(04/22)

商船三井ロジ、地場同業PKTと代理店契約(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン